エアーズブログ

「三方よし」の精神で、「日本の会社を強くする」

エアーズグループ

生活の安心

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。

 台風15号の影響で、
 大規模停電が起きた千葉県。
 全面復旧にはまだ時間がかかりそうな状況です。

――――――――――
 台風15号が首都圏を直撃した9日以降、千葉県南部を中心に停電が続く。東京電力パワーグリッドは13日夜、東京都内で記者会見し、「今後、2週間以内におおむね復旧見込み」と発表した。

(2019/9/14、日経)
――――――――――

 インフラ資産の維持補修は十分か?

――――――――――
 被害が広がった背景として、想定外の強風に加え、送電設備の老朽化も指摘されている。送電線の鉄塔は70年代に建てられたものが大部分を占める。倒壊し、10万戸の大規模停電につながった千葉県君津市の鉄塔は72年に完成したものだった。

(2019/9/14、日経)
――――――――――

 建設後50年を経過する施設の割合が、
 2018年→33年でどれくらい増えるか。

 記事によれば、

 道路橋:25%→63%
 トンネル:20%→42%
 河川管理施設:32%→62%
 港湾岸壁:17%→58%

 問題は、老朽インフラに対応するお金がないこと。

 東京電力ホールディングスも経営危機で、
 送電や配電設備への投資額は、
 1991年の約9000億円から、2015年には2000億円まで減少したと。

――――――――――
 ただ、日本の財政状況は先進国で最悪だ。人口減少に備えて既存インフラの廃止や、住宅や商業施設を集約する「コンパクトシティー」も重要な選択肢だ。

(2019/9/14、日経)
――――――――――

 経済は一流、政治は三流。
 そう言われていた時代が懐かしい。。。
 今や、日本は貧乏になり、経済も二流か三流なのでしょう。

 その貧乏感、つまりお金がないという不安感。

 総活躍だとか、世界の中心とか、挑戦とか、
 華々しい実のない言葉は、もうたくさん。
 地に足のついた生活の安心こそ、今、もっとも優先順位が高いはずです。

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 固定資産(公会計)

住民利益に資すること

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。

 国の役割は、
 その国の国益に資すること。
 自治体の役割は、
 その自治体に住む住民の利益に資すること。

 そう考えると、
 理念やイデオロギーにこだわることの無益を感じます。

 かつて、思想家で武道家の内田樹先生は、
 靖国参拝問題(たぶん小泉さんのこと)についてこう語りました。

――――――――――
『靖国に参拝することによって得られる国益』が『それによって損なわれる国益』よりも大であることについての首相の説明に得心がいけば私は靖国参拝を支持する。
 私が首相の靖国参拝を支持しないのは、彼が自らの政策判断の適切性について説得する努力を惜しんでいるからである。
 自らの重要な政治的判断の適切性について有権者に論理的な説明をする意欲がない(あるいは能力がない)政治家を支持する習慣を私は持たない。

(『知に働けば蔵が建つ』文春文庫、P.184)
――――――――――

 最近の、ほとほとうんざりするような嫌韓報道。
 テレビを見ない私ですら、
 ツイッターなどを介して、いかにひどいかを日々、見せつけられています。

 さらにうんざりするのは、
 ここぞとばかりに韓国について発言する人が増えること。
 私はそうは思いませんけれど、
 とやんわり否定するのにも疲れてきました。

 上の言葉を借りれば、
 嫌韓言動によって得られる国益は、
 それによって損なわれる国益を上回っているでしょうか。

 そんなことはあり得ず、
 国際的に見ても日本の信頼を大きく損なっているとしか思えません。
 根本的に加害者であったことを忘れてしまったのでしょうか。

 国益などと大きなことを言わなくても、
 身近な生活ですら、脅かされています。

――――――――――
 日韓関係が悪化し対馬市を訪れる韓国人観光客が激減していることについて、長崎県は5日、「災害に準じる」として資金繰りに苦しむ中小企業の相談窓口を近く設置する考えを示した。…(略)…
 県などによると、日本による対韓輸出規制強化以降、団体を中心に韓国人観光客が減少。対馬市内の宿泊、観光体験、飲食、交通業者などが直接的な打撃を受け、7月で約3億円、8月は約7億円の消費低下が起きていると推計している。
 坂本委員は「対馬に特化した補正予算を考えられないか」と質問。前川政策監は「(韓国人観光客の減少は)災害に準じるような状況。既定の予算の範囲内といった予断を持たず、必要な予算、財源確保を検討する」と述べた。

(6日、長崎新聞)
――――――――――

 こんな人災を巻き起こしていることに、
 嫌韓言動をする人たちの想像力は及ばないのでしょう。

 はあ、とため息をつきつつ、
 子どもたちの未来を考える日々です。

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ

富士山頂の県境

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。

 井上さんのブログにもありましたが、
 先日、富士山に登ってきました。

 井上さんと、その知人の方は8年前の経験者。
 その計画に便乗させてもらっただけですが、
 無事登頂できたのは、経験者の作戦勝ちだと思います。

 今回登ったのは、山梨県の吉田ルート。
 他にも須走ルート、御殿場ルート、富士宮ルートがあるようですが、
 一番オーソドックスなのが吉田ルートなのだとか。

 登山途中でも話題になったのは、
 富士山は山梨県なのか静岡県なのか、ということ。

 調べてみると、
 どうやら、その県境は棚上げになっているようです。

「山梨県と静岡県の県境にそびえ、日本のシンボルとして国民から親しまれている富士山。その山頂が山梨県、静岡県のどちらにあるかについては、これまでもしばしば取り沙汰されてきたが、未解決のままだ」(2014/6/4 J-CASTニュース)。

 そして、むしろ積極的に棚上げされていると。

「2013年に富士山が世界文化遺産に登録されたのをきっかけに、融和ムードが加速。山梨県の横内正明知事と静岡県の川勝平太知事は14年1月、県境を定めず富士山の保全に協力していこうと明言していた」(同)。

 こういう棚上げは、ありだと思います。
 何でもかんでも、白黒つければいいというものではありません。

 本音を言うことがかっこいい、という風潮もありますが、
 本音と無責任は背中合わせ。
 誰もが本音を言い出したら、収拾がつかなくなるでしょう。

 気になるのは、
 山頂施設への固定資産税は、どの自治体が課すのか。
 山頂での物品販売について、その事業所はどう扱われるのか。

 県境という形ではなく、
 仮に課税が発生するのであれば、
 便宜的に取り扱いを定めて対応しているのだと想像します。

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ

100%桃ジュース

みなさまお疲れ様です。

連日続いていた猛暑もようやく落ち着き、昼間はまだまだ暑いですが、今年は8月23日であった二十四節気の処暑が過ぎ、朝夕は気持ちのよい風が吹き始めた今日この頃、天気予報では秋雨前線が北上しているとの情報に、また大雨に注意しないといけない週になりそうです。

先日、電車で移動する度に気になっていた、テレビ等でも取り上げられているJR各駅に設置された自販機で売られている「100%桃ジュース」を買ってみました。

普段あまりジュースは飲まないのですがこれはずっと気になっていて、飲んでみたら・・・。

小さい頃よく飲んでいた後味が残るような甘~~いものではなく、後味すっきり、けれどもなるほど100%桃!!!!

これは美味しい!!!と感動して、一気に飲んでしまいました。

同じ大きさの飲み物よりも若干お値段お高めですが、頑張った自分へのご褒美として疲れた身体と乾いた心に少しでも潤いを、と自分に言い訳しながら、これは1.5ℓペットボトルでも余裕で飲めるわ、と思うジュースでした。

 

ボスからいただいたホノルルクッキーをつまみながら、スイーツ王子Kさんからいただいた完熟マンゴージュースを、宴会部長Nさんからいただいた琉球グラスで飲む、という奇跡のコラボに笑いつつ、また明日からの激務(!?)に耐えていこう、と思う8月終わりのひとときでした。

米田 彩

カテゴリー:ゼイジョ(税女) 米田彩のエースをねらえ!

富士山登頂!

みなさん、こんばんは。

先週末にとうとう富士山登頂に成功しました!しかも、お鉢巡りも出来て、

日本最高峰である剣ヶ峰(3,776m)にも登頂しました!!

 

実は8年前にツアーに参加してチャレンジしたことがあるのですが、一緒に連れて行った

姪っ子のお友達(当時小学5年生)が8合目付近で高山病にかかってしまい、

やむなくそこから下山しました。

それから8年、ずっとやり残した事として心の中にありましたが、悲願の達成にここ最近

ないぐらいの感動を味わうことができました。

 

一緒に行ったのは、㈱ミルコを経営している高阪くん(高校時代の同級生)とエアーズの

創業メンバー船戸さん親子の計4名です。

高阪くんは、前回断念した時も一緒に登っていましたが、密かに高山病にかかっていたようで、

姪っ子の友達の下山に付き合って?くれました。

 

2度失敗してはいけないと、彼とは今回登山の前の週末、一緒に滋賀県の伊吹山に猛暑の中

登山をする感覚を思い出すためのトレーニングをしました。

また、今回は高山病対策として、5合目(2,300m地点)の吉田口にある山小屋に夕方入り、

20時頃から先に睡眠をとり、AM2時に起きて登山を開始するというプランで臨みました。

つまり、山頂でのご来光は最初から諦めるというプランです。

 

7合目~8合目ぐらいで日の出(4:59)なのですが、あいにく若干曇っていてはっきりは

ご来光が見えませんでしたが、雲海が広がり最高の景色でした。

9時頃に無事吉田口側からの山頂に到着し、その後お鉢巡りをして、剣ヶ峰に10時頃に到着!

【剣ヶ峰3,776mにて】

 

前回の失敗があったから、前回には無い今回の新たな経験と成功があった。

最高の週末でした。

 

井上 豪

カテゴリー:代表ブログ 井上豪の三方よっしゃ!

自治体監査の現状と方向性

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。

 先日、エアーズ経営研究所にて、
「自治体監査の現状と方向性」をテーマに、
 研修講師をする機会がありました。

 ご清聴いただいた皆様、ありがとうございます。

 監査には、
 監査委員の監査と、
 包括外部監査がある。

 監査委員の監査には、
 定期監査や決算審査などがある。

 地方自治法の改正により、
 監査基準の策定や内部統制の整備など、
 制度の充実が図られている。

 監査委員の役割は、
 ますます重要になってきているが、
 体制や環境を整えるのが難しい。

 そういった現状を少しでも知っていただけたでのはないかと思います。

 こちらも、まだまだ試行錯誤中。
 今回話した結果が、
 2年後、5年後、どうなっているのか。

 自己検証していく必要がありそうです。

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ

引き続き厳しい

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。

 昨日、毎日新聞を読んでいると、
 京都市の決算に関する記事が掲載されていました。

 少し長いですが、
 その出だしの記述を引用してみましょう。

――――――――――
 京都市は2018年度の決算(速報値)を発表した。景気の回復基調に支えられ、一般会計の実質収支はプラス4億円(前年度比横ばい)となり、9年連続の黒字を確保した。一方、相次いだ災害の復旧・支援に118億円(市負担分99億円)の財政出動をするなど支出も増加。将来の借金返済に備えた「公債償還基金」を67億円取り崩すなど、厳しい財政運営が続いている。

2019/8/17 毎日新聞
――――――――――

 黒字を確保。
 でも、厳しい財政運営。

 果たして、良かったのか、良くなかったのか。

 判断が難しいところです。
 
 
 ● 形式収支 = 歳入決算額 - 歳出決算額

 この形式収支ですが、
 何らかの事情で事業が終了せず翌年に繰り越す場合、
 財源は歳入に含まれるものの、事業支出は歳出に含まれない状態となります。

 その分、つまり翌期の歳出に充てるべき財源を差し引くのが「実質収支」。

 ★ 実質収支 = 形式収支 - 翌年度繰越財源

 判断が難しいのは、
 自治体の予算は単年度主義のため、
 ●の歳入決算額には、前年度からの繰越金も含まれること。

 さらに、
 起債による収入や基金の取り崩しによる収入は歳入に含まれ、
 地方債償還による支出は歳出に含まれること。

 つまり、実質収支が黒字でも、
 起債や基金(取り崩し)に頼っていれば、
 将来の原資を先食いしていることにもなりかねません。

 それが、まさに、今回の記事の後半部分。

「将来の借金返済に備えた「公債償還基金」を67億円取り崩すなど、厳しい財政運営が続いている」というところでしょう。
 
 
 実質収支が赤字になるのは、よほどのケース。

 実質収支が黒字でも、
 地方債や基金の状況がどうなっているか。

 つまり、過剰な債務がないかと、安心できる基金が確保できているか、
 というストックベースでの判断を併用していく必要があるでしょう。

 とすると、多くの場合、
 黒字だけれど引き続き厳しい財政状態、というケースが多いと思われます。

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ

中高生時代のこと

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。

 日経新聞に連載されている「私の履歴書」。

 今月はコシノジュンコさんですが、
 誰であっても感心するのは、子ども時代の記憶です。

 どうして、そんなに覚えているのだろうと。

 自分のことで言えば、
 中学校時代の記憶は、ほとんどありません。
 卓球部でしたが、
 先輩や同学年に誰がいたか、まるで思い出せない(ひどいですね)。

 かろうじて、
 うさぎ跳び(!)をさせた先生の面影は覚えています。
 
 
 高校時代のことは、
 さすがにそこまでひどくありません。
 ただ、同級生が覚えている話でも、
 今一つ、ピンとこないことが多々あります。

 今年は、たまたま、
 お盆期間中、高校の同級生に会う機会が2度。
 今日は、某自治体で課長をしている友人と食事です。

 高校時代、
 もっとも長い時間を過ごした友人で、
 自転車で一緒に帰り、
 ここで別れるという交差点で1時間くらい喋ることもざらにありました。

 楽しみだなあ。
 いや、高校時代の話をすることではなく、
 今の話をすることが、です。
 
 
 長渕剛さんは、
「友達がいなくなっちゃった」で、
 同級生と再会した様子をこう歌いました。

  話す事といえば ゴルフと銭と出世話 そして
  昔の唄ばっかりを朝まで唄った

 そうならないことが分かっている時間に出かけていくことは、
 心底、楽しみです。

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ

消費税Q&A 個別事例編 追加

みなさん、こんばんは。

8月1日に国税庁より、消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)が更新

されておりますので、是非ご確認ください。

ざっと見たところ、23の項目で、更新あるいは追加が行われています。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/qa_03.htm

 

更新や追加のあった、以下のQについては、是非ともご確認ください。
Q14、22、26、27、28、30、41、42、43、44、51、54、60、67、68、88、89、
90、94、95、100、102、117

 

井上 豪

カテゴリー:代表ブログ 井上豪の三方よっしゃ!

表現の自由

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。

日本国憲法第21条。

〔集会、結社及び表現の自由と通信秘密の保護〕
第二十一条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

 表現の自由を揺るがし、まさに検閲が行なわれてしまったのが、
 愛知県で行なわれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」。

 その企画展「表現の不自由展・その後」で展示された
 従軍慰安婦を象徴する「平和の少女像」は、
 官邸や名古屋市長の圧力、ガソリン缶を持っていくという脅迫などもあり、
 企画展そのものが中止となってしまいました。

 河村たかし名古屋市長は、
「どう考えても日本人の、国民の心を踏みにじるもの。いかんと思う」
 と言ったのだとか(2日、ハフィントンポスト)。

 一連の動きについて、
 映画監督の深田晃司さんがツイッターでコメントされました。

「「日本国民の心を踏みにじる」と言うけど、日本国民を勝手に想定しないで欲しい。展示を支持する自分も日本国民であるし、ひいては展示の可否に美学的政治的な「良し悪し」は関係なく、そこは自由に批評されれば良いし、感想を言い合えばいい。それがなされるためにも展示され続ける必要がある。」

 そして、各国の事情も紹介されました。

「英国では「文化行政において芸術の自由と独立性を保つための「arm’s length(アームズ・レングス)の法則」と呼ばれ,現在の文化行政も芸術と行政が一定の距離を保ち,援助を受けながら,しかも表現の自由と独立性を維持する,という法則に基づいて」行われている。」

「フランスではサルコジ政権を批判する作品を政権への忖度で撤去した美術館の館長が市民の抗議デモに合い更迭された。韓国の映画界では「多様性映画」という支援事業における助成金の条件のひとつには、「商業映画の外で文化的・社会的・政治的イシューを扱う映画」という項目がわざわざある。」
 
 
 私が「いかんと思う」のは、
 自分の考えにそぐわない意見や表現を排除しようとする、
 トップの度量の小ささです。

 政権が変われば、
 言い訳する大人が大量に出てくるはず。
 本当に、恥ずかしい限りです。

 もう1つ、根本的なところで、
 自分たちは加害者だ、という前提すら崩れているのではないでしょうか。

 私たちは、
 先進国で、民主主義国家に住んでいると思っていますが、
 本当でしょうか。

 作家、高橋源一郎さんのつぶやき(ツイッター)。

「結局、この国は戦前からほとんど変わっていないのかもしれない。ぼくのこの考えが間違っているといいのに、と思う。ほんとうに。」
 
 
 無関心が、諸悪の根源だと私は思います。
 大人の責任として、社会に、過去に、将来に、関心を持つこと。

 働き方改革だって、
 何も消費のための話ではなく、
 本来持つべき社会への関心を取り戻すためのものでしょう。

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ