株式会社エアーズ経営研究所

「三方よし」の精神で、「日本の会社を強くする」

2019年6月期 研修会開催報告

投稿日: 作成者: k.yamada

《開催日時》2019年6月20日(木)19:00~21:00

《テ ー マ》『新収益認識基準 基礎編』

《講  師》公認会計士

【開催報告】
 2018年3月に「収益認識に関する会計基準(企業会計基準第29 号)」及び「収益認識に関する会計基準の適用指針(企業会計基準適用指針第30 号)が公表され、2021年4月1日以後に開始する事業年度の期首から適用されます。
 本会計基準の適用により、広範囲の業種において、現行の会計処理から、収益を認識する「単位」、「金額」および「タイミング」が変わり、実務にも大きな影響を与える可能性が高いため、当該会計基準及び適用指針は非常に重要です。とはいえ、分量も多く、難しい表現が並び、さらにまだ適用まで時間があるという思いから、勉強を先延ばしにしている方が多いのでないでしょうか。そのような方のために、今回は基礎編ということで、勉強に取り掛かりやすくするための講義をしていただきました。具体的には、新収益認識基準を理解する上で重要な、「履行義務」と「収益認識の5つのステップ(1.契約の識別・2.履行義務の識別・3.取引価格の算定・4.履行義務への取引価格の配分・5.履行義務の充足による収益の認識)」についてかみ砕いて解説いただきました。

カテゴリー:エアーズ経営研究所 お知らせ