エアーズブログ

「三方よし」の精神で、「日本の会社を強くする」

公認会計士小西一成の一期一会!

とっとパーク2

投稿日時: | 投稿者:

先日、「とっとパーク小島」に息子と二人で行ってきました。

早速、サビキ仕掛けを用意して竿2本で息子と釣り開始。大阪もここまで南に来ると海がキレイで、思った以上に水深がありました。水深およそ10m。この日はアジ・イワシがどの場所でも均等に釣れており、投入直後からアジが釣れました。小アジというには失礼な大きさで20㎝弱でしょうか。ただ、私の狙いはマイワシ。カタクチイワシじゃなくマイワシ。マイワシは私の中では釣れてうれしい魚のかなり上位にいます。20㎝くらいのマイワシは絶品の味。青魚は傷みが早いので、店に並んでいるマイワシを買う気はしないのですが、釣りたてのマイワシは臭みがなくプリプリ。捌くのが楽で、料理の種類が多いのもうれしいところです。

アミエビをかごに入れ、仕掛けを投入するたびに、アジはかかってくるのですが、マイワシはなかなかかからず。他を見てもアジのほうが圧倒的に多い。それでもアジと一緒にかかってきましたよマイワシが。一般的に、アジのタナは深め、イワシのタナは浅めと言われているので、マイワシ狙いで浅めのタナを攻めると、最初は空振りが多かったのですが、かかると高確率でマイワシが。ビンゴです。息子にも浅めを狙えと言って、二人で20匹ほどのマイワシゲット。その数倍のアジが獲れたので、その後の料理の事を考えほどほどで納竿。

帰りの車の中、息子がしきりに「とっとパークよかったなぁ。また行こうな」と言ってきます。息子よ、心配しなくても私もそのつもり。

小西一成

カテゴリー:歴史大好き 小西一成の時はカズナリ!