エアーズ社会保険労務士法人

大阪市北区西天満5丁目9-3 アールビル本館7F TEL 06-6316-8700

ブログ

1位じゃないと・・・

2016/11/30

今日読んでいた某新聞の記事にとある選手が世界の王さんから金言をいただいたということでこのような記事が出ていました。(多少記憶が曖昧ですが・・・)
王さん「日本で1番高い山はどこだ?」
その選手「富士山です」
王さん「じゃあ2番目に高い山は?
その選手「・・・」
王さん「どんなことでも1位はみんなの記憶に残るけど、2位以下は記憶にあまり残らないんだぞ!」

確かに!

日本ででも世界ででも1位のことやものは我々の記憶に残っていることも多いですが、じゃあ2位は?3位は?と聞かれると「・・・」「???」となってしまうことが多いと思います。

例えば世界一高い山は?、日本一大きい湖は?、世界一ホームランを打った選手は?
たぶん誰でも知っていますよね?

でも世界で2番目に高い山は?3番目に高い山は?と聞かれるとよほど興味がある人以外はなかなか答えられないと思います。

プロの世界で名前を覚えてもらうには、ということでこのような金言が生まれたそうですが、逆に言うと王さんだから言えるのかもしれませんね。

あと余談になりますが、その他の王さんの金言格言として「努力は必ず報われる。報われない努力があるのならば、それは努力と呼べない。」というのもあるそうです。
これも確かに!と共感できます。
結果を出す人は相当の努力をしているのだということがわかります。

これらの金言・格言を胸に秘めて、これからも少しずつ努力を重ねていきたいと思います。

特定社会保険労務士 小西 勝

この記事へのコメント:(コメントする)

posted by エアーズ 社会保険労務士法人

来年はいけるかな?

2016/11/22

昨日正式に阪神タイガースの糸井選手が誕生しました!状況としては金本監督が広島から阪神に移籍したときと同じように感じますし、選手としてのタイプも似ていると思います。

その金本選手が阪神に移籍した翌年に早速優勝したわけですが、なぜ優勝できたのか。実は金本選手の移籍1年目の殊勲打(先制、同点、勝ち越し、逆転となる安打)が22あり、移籍前よりも成績はやや下がったのですが、勝利にはかなり貢献していたことがわかります。自身の活躍も踏まえ糸井選手が殊勲打もしくは試合を決める決勝打を10本打てば「勝利が10増えるということは負けが10減るということでその差は20になる」ということになり、今年の成績を照らし合わせるとそこらあたりも大きな期待をしていると思います。

糸井選手に対しては「最強の2番打者に」などという声もありますが、確かに「2番糸井」が実現すれば強力打線が組めるのではないかと思いますが、個人的には3番を打ってほしいと思います。

どうでもいい話ですが私の来シーズンの希望開幕オーダーは、

1番 レフト    高山
2番 セカンド   西岡
3番 ライト    糸井
4番 サード    新外国人(右打ち)
5番 ファースト  福留
6番 キャッチャー 原口
7番 ショート   北条
8番 センター   大和(もしくは江越、横田)
9番 ピッチャー  メッセンジャー

ぜひ来シーズンは優勝してほしいですね。

特定社会保険労務士 小西 勝

この記事へのコメント:(コメントする)

posted by エアーズ 社会保険労務士法人

せっかくなんだし・・・

2016/11/14

先日、お客さんと昼食に行く機会があり、とあるお店で昼食を食べていました。
午前中打合せをして、終わったので昼食をご一緒させていただいていたのですが、もちろん昼食を食べながらも打合せの続きのような話をしていました。

ちなみに食べていたのが「麻婆豆腐定食」だったのですが、結構辛い麻婆豆腐でしたので店員さんにお冷を頼みました。
すると奥から若い男の子が出てきて水を入れてくれていました。よく見ると胸の名札には「職業体験中」と書かれていました。見た感じ中学生が職業体験をしているようでした。

コップに水を入れるという仕事ですが、彼にとっては経験がない大仕事なのかもしれません。コップを持つ手が微妙に震え、水を入れ終わって持っていたコップを私の方に置こうとしてくれたので私も「ありがとう」とお礼を言おうと「ありが」まで言った位で、見事に私に向かってコップを倒してしまい、私もとっさによけましたが水がこぼれるスピードの方が若干早く、お尻の辺りが濡れてしまいました。

彼は彼できっとパニックになったんだろうと思います。私に謝ることもせず、一目散に店員さんの方に走っていきました。店員さんが慌ててやってきて、私が濡れたので大きい紙ナプキンを持ってきて拭いてください、と渡されました。
床が結構濡れていたので席を変えてくださって、我々も何ごともなかったかのように食事をして帰りました。

私が残念に思ったことは、せっかく職業体験をしにきているのだし、そこのお店の仕事の体験をするのは当然ですが、もしお客様に迷惑をかけてしまったら謝らなきゃいけないんだよということもお店の方が教えてあげてれば、それも含めて社会に出て働くという意味での職業体験になったと思うのですが、学校との協定で通常業務以外はさせない取り決めでもあったのかな?
せっかくの社会経験のチャンスを逸してしまったのではないかと思います。

一応帰りがけに店員さんには「一生懸命やっていたと思うので怒らないであげてくださいね」と言付けをして店を後にしました。

特定社会保険労務士 小西 勝

この記事へのコメント:(コメントする)

posted by エアーズ 社会保険労務士法人

労働基準監督官が増員されるようです

2016/11/09

先日、某新聞記事に「労働基準監督官増員へ」という記事を発見しました。ここ最近マスコミをにぎわせている大手広告代理店で起こった痛ましい事件も少なからず関係しているのかもしれません。また安倍内閣が掲げる1億総活躍プランにある長時間労働の削減も影響しているのかもしれません。

そもそも労働基準監督官は全国に3,200人超ほどしかおらず、その人数で日本全国にある大企業から中小零細まで全ての企業(約400万社)が調査対象となります。一人当たりの担当は約1,250社ということになります。
そしてその人数で毎年16万~17万社程の調査をするそうですが、全ての企業を調査しようとすると単純計算でも約25年かかる計算となります。

比較対象が正しいかどうかわかりませんが、国税庁の職員数は約5万7千人程だそうで、計算すると一人当たりの担当は約70社ですから、5万7千人の全ての職員が調査をしないとしても1人当たりの担当件数はかなり開きがありそうです。

新聞を読んだ限りではいつから増員されるかまではわかりませんでしたが、新聞に出るくらいなのでそう遠くないうちに増員されるのだろうと思います。

色んな会社で時短の取り組みがなされているようですが、今後労働基準監督官が増員されると企業に対する巡回頻度も上がってくると思われます。労務管理をずさんにしている企業は、労働基準監督官による厳しい対応が行われると予想されます。現に今回の大手広告代理店に対しては、相当厳しい調査が行われているようです。
あまりに記事にはなっていませんが、通称「かとく」が行った調査による労基法違反事案については、法人が罰金刑を受けているようです。

「どうせ早く(定時に)帰れないからゆっくり仕事をやろう」という長時間労働が当たり前となっている組織風土がある会社は、そろそろ見直しの時期にきているのかもしれませんね。

特定社会保険労務士 小西 勝

この記事へのコメント:(コメントする)

posted by エアーズ 社会保険労務士法人

ふと気になったので調べてみました

2016/11/02

11月に入り朝晩がぐっと冷えるようになりました。11月といえば紅葉の季節ですよね。こう書くと普通は「こうよう」と読みますよね。でも同じ漢字を書いて「もみじ」とも読みます。

紅葉が紅葉し・・・(もみじがこうようし・・・)
日本語としておかしくはないですよね。

ということで、ちょっと調べてみました。

紅葉(こうよう)は一般的には「紅葉(葉が赤くなる)+黄葉(葉が黄色くなる)+α(橙色など)」のことを指すそうです。要するに景色を表す言葉のようです。

じゃあ紅葉とかいてもみじと呼ぶのはなぜなのか?
諸説あるようですが、紅い葉を揉んで染料にしていたそうで、「揉み」が「紅」を指すようになり、それが転じてもみじになったとする説があるようです。

ちなみに普段私たちが「もみじ」と思っているものは種類で言うと「カエデ」だそうで、分類上「もみじ」という種類の植物は実はないそうです。
園芸や盆栽の世界では、5つ以上に切れ込んでいる掌状の葉を持つカエデを「もみじ」と呼んでいるそうです。

雑学の勉強になりましたでしょうか?

特定社会保険労務士 小西 勝

この記事へのコメント:(コメントする)

posted by エアーズ 社会保険労務士法人