エアーズ社会保険労務士法人

大阪市北区西天満5丁目9-3 アールビル本館7F TEL 06-6316-8700

ブログ

真夏の激闘

2016/07/26

この日曜日は、私が所属するソフトボールチームの壮年(40歳以上)大会の準々決勝と勝てば準決勝があり、参加してきました。ちなみに1回戦は所用により不参加でしたので、私にとっては実質初戦になります。当日は朝から暑い日でもし1試合目に勝っても2試合目は厳しいな、という感じのお天気でした。

まず準々決勝の戦いですが、相手投手は見た感じは結構速い球を投げていて打てるかなという感じでしたが、審判のジャッジが厳しいこともあり、なかなかストライクが入らず初回は四球の連発で、幸先よく2点を先取しました。その後は取って取られてで、最終回には決していい当たりではありませんでしたが、私の3ランホームランでダメ押し点を奪い、結局10-6で勝ち上がりました。

試合終了後は準決勝の第1試合があったので休憩でしたが、試合会場はだだっ広いグランドで日陰がなく、炎天下で休んでいるので疲れが取れません。日陰がないので日焼け止めもあまり効果なく日焼けもしまくりです(><)

そうこうしているうちに準決勝第1試合が終わり、準決勝第2試合が始まりました。

2試合目も1試合目に投げた投手がそのまま登板しました。60歳過ぎのおっちゃんですが、本人曰く以前にめった打ちにあったのでリベンジしたいと。我がチームは後攻でしたのでまずは守備からです。先発投手の意気込みを買って送り出したわけですが、いかんせん炎天下の中での2試合目なので球威が全くありません。連打であっという間に5点を取られ、さらにノーアウト1、2塁です。キャッチャーをしていた私はたまらずタイムを取り、投手交代を進言しました。首脳陣は最初はまだ初回だから交代しないと言っていましたが、私が強く交代を進言したので、結局交代することになりました。先発投手は残念ながらリベンジならずで返り討ちにあってしまいました(^^;

2番手投手は我がチームの元エースですが、コントロールが定まらないので最近はピッチャーをしていませんでした。しかしそこは元エースの意地で見事後続を断ち、何とか5失点のままで初回を終えることができました。
その後はコツコツと得点を返し、そして守る方は2番手投手が0で押さえ3-5で終盤を迎えました。時間的にもそろそろ追いつかないとタイムアップとなるので追いつきたいところでしたが、その回の攻撃で私の前の打者が2ランホームランを放ち、遂に同点に追いつきました!
ここで相手チームは投手交代をし、1アウトランナー無しで私に回ってきました。初球を打ち、痛烈な(ほんまですよ)ショートゴロをショートがはじき出塁。送りバントで2塁に進みました。そして次打者がヒットを打ち、そのヒットで2塁からホームインして6-5と逆転しました。

次のイニングも0で押さえ、我がチームの攻撃中にタイムアップとなり、見事逆転勝利で決勝に進出することができました!!

さすがに年が年なので勝ったから疲れが吹っ飛ぶ、なんてことはなく、試合終了後はぐったりでした。帰宅後のビールがおいしかったのは言うまでもありませんが、顔面の日焼けが今日もまだ少し痛いです(><)

ここまできたら決勝戦も勝ちたいですが、相手はめちゃくちゃ強いチームなので、どうしたら勝てるのかキャッチャー目線で考えたいと思います。

特定社会保険労務士 小西 勝

この記事へのコメント:(コメントする)

posted by エアーズ 社会保険労務士法人

やっぱり外れましたね

2016/07/25

前回のブログで阪神タイガースの鳥谷選手について、勝手な一個人の意見として一度スタメンを外れて連続フルイニング出場の呪縛(?)を解いてあげればいいのではないか、というようなことを書きましたが、ついに昨日スタメンを外れました。私は18時からテレビで観ていましたし、鳥谷選手がスタメンを外れたというニュースはヤフーニュースでもすぐに出ていましたね。

鳥谷選手スタメン外れで他のスタメン選手が奮起したのか、昨日は先発全員安打で快勝でした。打線のつながりもよく、いつもだと点数が入らなかった場面でも点数が入っていましたので、観ていて久しぶりにスカッとする試合でした。
鳥谷選手も代打で出場し、意地のタイムリー内野安打を打っていましたので、リフレッシュの効果はあったと思います。

あと鳥谷選手のすごいところは、テレビ観戦していた方はお気づきかもしれませんが、守備の時のキャッチボールの相手をしていたんですよね。試合に出れないときはしっかりと裏方の仕事をしているところが凄いなと思いました。
試合に出れないなら実績があろうがなかろうが裏方の仕事をするのは当たり前のことなのかもしれませんが、当たり前のことを当たり前にやっている鳥谷選手はやはりチームにとって必要な選手だと思いました。

これで連続フルイニング出場の記録のことは考えずに済むと思いますので、ある意味ふっ切ってガンガン打ってくれるのではないかと期待も込めてそう思っています。
明日からのヤクルト戦から連勝街道を突き進んでいってほしいと思います。

特定社会保険労務士 小西 勝

この記事へのコメント:(コメントする)

posted by エアーズ 社会保険労務士法人

今年は育成の年?

2016/07/20

野球は阪神ファンですが、今年はどうにもこうにもストレスが溜まる戦いが続いています。特に打線が悲しいくらい貧打ですね(ToT)
投手陣も中継ぎに出てくる投手のコントロールがイマイチで、ボール、ボールとカウントを悪くして結局四球を出し、挙句痛打を浴びるパターンが多いように思います。

今年のスローガンは「超変革」ということで若手がどんどん使われていますが、これは勝手にいいように解釈して、金本監督は最初から今年の戦力では優勝は難しいから来年以降への布石ということで采配をしている、と思って観るようにしています。来年か再来年にはきっと今年の広島みたいな投手はそこそこでも打つ・走るがすごいチームになっているのだと思います(^^;

あとは今年のチームの不振の責任を1人で負わされている感がある鳥谷選手には是非頑張ってもらいたいです。年齢的にもまだ終わる選手ではないですから今年がダメでも来年見事に復活を遂げて、できれば元ヤクルトの宮本選手のような感じで地味だけどチームには不可欠というような選手に変貌してあと10年は頑張ってほしいですね。何となくですが、連続フルイニング出場の記録が鳥谷選手をダメにしているような気がするので、思いきって記録を途切れさせて、記録のことを気にせずプレーできるようになれば復活するのではないかと思います。

後半戦はまだ始まったばかりですので、観ていて楽しい試合を1試合でも多くやってもらいたいと思います。

特定社会保険労務士 小西 勝

この記事へのコメント:(コメントする)

posted by エアーズ 社会保険労務士法人

ふと疑問に思ったこと

2016/07/14

今日の新聞の1面トップで扱われていた「天皇陛下の生前退位」の記事を読まれた方も多いと思います。このニュースは今世界中を駆け巡っているようです。

約200年振りの出来事になるかもしれない話なのでもちろん記事はしっかりと読みましたが、読んでいてふと疑問に思ったことがありました。私は現在スポーツ紙を含め、毎朝3紙読んでいますが、その3紙とも同じ表記だったので「何でだろう???」と思いました。
それは家系図のような、というか家系図に出てくる皇族方の敬称が全てひらがなで「さま」となっていたことでした。

1紙目を読んだときはミスプリント(誤植)なのかと思いましたが、残りの2紙を読んでもひらがなで「さま」と書いているのでミスプリントではないことは理解できました。
気になったのでなぜひらがなで「さま」なのか調べてみました。

調べたところ、昭和22年に宮内庁と報道機関との間で「これからは普通の言葉の範囲内で最上級の敬語を使う」ことで、基本的な了解が成立し、昭和27年の国語審議会の「これからの敬語」という答申にも同様の考え方が盛り込まれ、これがマスコミの基本方針となって現在も継続している、ということでした。
あと親しみやすさを、ということでひらがなを使用しているようです。

ビジネス文章だと、例えば私がどなたかにメールを送る時に「○○さま」とやってしまうと、よほど親しくない限りきっと常識がないと思われるのではないかと思います。
「さま」の使い方も様々だということですね(笑)

参考までに、正式な敬称は天皇・皇后・太皇太后は「陛下」、それ以外の皇族は「殿下」だそうです。

特定社会保険労務士 小西 勝

この記事へのコメント:(コメントする)

posted by エアーズ 社会保険労務士法人

うまく育つかな?

2016/07/13

6月の終わりは真夏の暑さが続いていましたが、ここ最近は梅雨空に逆戻りして不快指数の高い日が続いています。
もうすぐ梅雨は明けると思いますが、梅雨が明けると夏本番。夏といえば当HPのトップページを飾る金魚の季節でもあります(笑)

今年は春からチョコチョコと金魚を買い足しています。現在12匹の金魚を飼っていますが、中でもオランダシシガシラという金魚が半数を占めています。あと今年のお気に入りはブリストル朱文金という尾びれがハート型になっている金魚で現在2匹います。

今年は気合を入れて(?)飼育していますので、水換えの頻度を多くしたり、餌もいつも夏場に使用している餌とは別に冷凍赤虫を大量購入してほぼ毎日与えています。
おかげで今のところストレスなく順調に飼育できています(^^)v

やはり調子の悪い金魚がいると何だかこっちまで調子が悪くなってしまいそうで、鑑賞していてもストレスになってしまいます。去年は大人買いした金魚がすぐに調子が悪くなり、結局☆になってしまいましたが、飼育していてかなりストレスでした。

金魚飼育暦も10年となり、今年は改めて色々と調べて今までの飼育方法とは違うやり方でやっているのがうまくいっているのかもしれません。
このまま順調に飼育できればと思います。

余談になりますが金魚飼育暦10年、社労士暦(?)はこの7月で14年目に突入いたしました(^^;

特定社会保険労務士 小西 勝

この記事へのコメント:(コメントする)

posted by エアーズ 社会保険労務士法人