エアーズブログ

「三方よし」の精神で、「日本の会社を強くする」

船戸明の公会計改革「待ってくれ!」

ドイツの話

投稿日時: | 投稿者:

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。

 ドイツの古城めぐりに行った知人から聞いた話。

 ディズニーランドのモデルにもなったという
 ノイシュバンシュタイン城にも行ったのだとか。

 なので、ミュンヘンやベルリンではないですが、
 いつか、なるほど、と実感するときがきそうなので、
 いや、今もいくつかは、なるほどと思っていますが、
 ここに、備忘のためにメモしておきます。
 
 
・電車の切符は買うが、「改札」というものはない。
 扉を開くのは、常にセルフ。

 →なるほど、かつて、鉄道は全部無料にして改札もなくしたら、
  と言った人がいました。
  切符を買ったうえで改札はなくす、というのは、思いつかなかった。

・トイレットペーパーは、それなりのホテルでも紙質が硬い。

・コンビニがない。

・スーパーでは、袋は一切渡されない。
 買うことが出来るが、ビニールではなく、紙や布。

・時間に遅れてバスを待たせたりすると、運転手が怒る。
 残業代などがつかないため、時間をきっちり守りたがる。

 →日本の親切やサービスは、
  どうも違う方向に向かっているのではないか。

  というのが、その人の感想。

  なるほど、と私も思います。

  もちろん、社会の中のわずかな一断片ですが、
  一断片にも、必然性が宿っているはずですので。

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ