エアーズブログ

「三方よし」の精神で、「日本の会社を強くする」

船戸明の公会計改革「待ってくれ!」

お騒がせ市長

投稿日時: | 投稿者:

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。

 自分と意見が違う相手を、排斥する。
 自分の支持層にアピールするためだけの、パフォーマンス。

 最近、指導者の皆さんの小心や度量の小ささに、あきれ果てることが多くなってきました。足元の大阪市長のパフォーマンスも然り。

「大阪市 姉妹都市を解消」

 10月3日、毎日新聞の記事です。

「米サンフランシスコ市が昨年11月、市民団体寄贈の旧日本軍の従軍慰安婦像を受け入れたことで、大阪市の吉村洋文市長は2日、同日付で姉妹都市関係を解消する通知文を送った」。

 様々な方が批判をされていますし、あらためて書き足すことは何もありません。もっとも説得力があると感じたのが、コラムニスト小田嶋隆さんの論考です。

「それは大阪市長がやるべき仕事なのか」
https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/174784/100400161/

 この措置に対するサンフランシスコ市長のコメントは、極めて常識的に感じます。

“One Mayor cannot unilaterally end a relationship that exists between the people of our two cities, especially one that has existed for over sixty years. In our eyes, the Sister City relationship between San Francisco and Osaka continues today through the connection of our people, and San Francisco looks forward to strengthening the bonds that tie our two great cities together.”

(グーグル自動翻訳を一部修正)

「一市長は、両都市の人々、特に60年以上存在していた人々の間に存在する関係を一方的に終わらせることはできません。私たちの目には、サンフランシスコと大阪の姉妹都市の関係は、今日も人々のつながりを通じて続いています。そして、サンフランシスコは、二つの大きな都市を結びつける絆を強化していくことを期待しています。」
 
 
 懐が深い。
 器が違う。
 度量が大きい。

 そんなことを感じられるリーダーは、いったいどこに行ってしまったのでしょう。今回の措置が、大阪市民にとってどんな「いいこと」があるのか、是非説明してもらいたいところです。

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, マネジメント(公会計)