エアーズブログ

「三方よし」の精神で、「日本の会社を強くする」

エアーズグループ

祭りの季節

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。  自宅近くにあるコミュニティセンター。  その広場で、昨日、  納涼のつどい、といったイベントが開催されていました。  あいにくの雨。  夕方からあがったと思ったら、  また、夜に降ってきて。  数日前から準備している様子を見ていたので、  雨の合間を縫いながら賑わっている様子に、勝手に安堵していました。  京都の祇園祭。  大阪の天神祭。  夏は祭りの季節ですが、  幼少期に引っ越しが多かったことと、  歴史ある祭りがない地域だったことから、  あまり縁のない生活でした。  今もほとんど縁がありませんが、  祇園祭の「ちまき」を…続きを読む

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ

咄嗟の出来事

おはようございます。 梅雨が明け、ニュース内週間天気予報の連日最高気温34度が平年並みとのお天気お姉さんの解説に平年並みってそんな暑かったっけ、と過ぎ去った昨年までの猛暑を思い出しながら、既にバテ気味の身体に鞭打ちつつ、業務をなんとかこなす日々です。 先日通勤時、乗換駅のエスカレーター降り口付近において、女性がふらつきながら転んだのを目撃し、「あっっっ!!!」と思いながらも「大丈夫ですか」と声をかけるのを躊躇している間に、年配の女性が「お姉ちゃん大丈夫?」と言いながらさっと手を差し伸べ、転んだ女性を端っこに誘導しているのを目の当たりにし、「かっこいい~~~!!!」と思いました。 咄嗟の出来事に…続きを読む

カテゴリー:ゼイジョ(税女) 米田彩のエースをねらえ!

その土地で生きる

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。 『ガザに地下鉄が走る日』(岡真理さん、みすず書房)を読んでいます。  谷町六丁目にある隆祥館書店で、目が合い、呼ばれた本。  読み始めたら、もっと知らなければ、とページを繰る手が止まりません。 「イスラエル建国とパレスチナ人の難民化から70年。高い分離壁に囲まれたパレスチナ・ガザ地区は「現代の強制収容所」と言われる。そこで生きるとは、いかなることだろうか」(みすず書房HPより)。  宇治市ウトロ地区の話が出てきたり、  読みながら福島のことを思い出したり。 「ガザが完全封鎖されてから10年以上が経つ。移動の自由はなく、物資は制限さ…続きを読む

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ

夏がきて

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。  気がつけば夏至は過ぎ、七夕も終わり、  子どもたちの夏休みが近づいてきました。  あるいは、土用の丑の日の話題もちらほら。  その日にまとめて鰻を食べないように、なんていう話もあり、  でも、どこかで1度は食べたいところです。  先日、子どもと近所の公園に。  その公園にはプールがあるのですが、  おそらく来週に迫ったオープンに向けて、  水を流しての清掃やら試運転(?)をしている様子でした。  プールが使われるのは、  7月中旬から8月という1か月半ほど。  思えば、その状況で、  あれだけの施設を維持しなければならないのは大…続きを読む

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ

仕事の考え方

みなさん、こんばんは。 3連休の初日、いかがお過ごしだったでしょうか。 私は昼間は事務所で仕事を片付けていましたが、夜は梅田でお客様の 会社の方々と、その退職者も含めてプライベート飲み会をしておりました。   さて、エアーズでは6月に新人で税理士志望の奥野さん、7月にあずさ監査法人の後輩にあたる 公認会計士の松本和久さんが加入してくれて、益々人員が充実してきました。 年初から5名も新たなメンバーが加わり、昨年7月に入社した中村さん、福森さんを含めると 7名がこの1年で新たに入社したことになります。 既にオールドメンバーに匹敵する一大勢力となりました。 が、喜んでばかりではいられません…続きを読む

カテゴリー:代表ブログ 井上豪の三方よっしゃ!

選挙の季節

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。  先日、とある市役所に行くと、  期日前投票の態勢が整っていました。  7月4日に公示され、  7月21日が投票の参議院選挙です。  選挙前に読もうと、  2冊の本が目の前に。 『なぜリベラルは敗け続けるのか』(岡田憲治、集英社インターナショナル) 『自民党 価値とリスクのマトリクス』(中島岳志、スタンドブックス)  お2人とも以前にも読んだことのある著者で、  日頃のツイッターやイベントなどでのトークも含め、  その発信にいろいろな示唆を得ています。  選挙には棄権という選択肢もある。  それは事実ですが、  いかに無意味かにつ…続きを読む

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ