エアーズブログ

「三方よし」の精神で、「日本の会社を強くする」

エアーズグループ

水道事業の民間委託

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。  18日の日本経済新聞に、浜松市の水道運営権を獲得した水道運営世界大手の日本法人、ヴェオリア・ジャパン(東京・港)野田由美子社長へのインタビュー記事が掲載されていました。  まったくもって、ツッコミ不足のインタビューだったと思います。  自治体運営との違いは「コストカット」と「集中管理による早めの対処」だと。  市民の利点は「仮に料金が上がるとしてもその上昇率が抑えられること」  民間企業に任せることの不安を問われて。 「行政が規定する水質などを順守する。定期的に浜松市の調査が入り、違反した場合は契約が取り消される。(廃線などがで…続きを読む

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ