エアーズブログ

「三方よし」の精神で、「日本の会社を強くする」

エアーズグループ

公会計の原点

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。  先日、研修会で、ある自治体の公会計の取り組み状況を聞く機会がありました。  原点は資産の把握(による減価償却の実施)と複式簿記の導入。そんな話を聞いて、なるほど、と公会計の原点を思い出しています。  資産情報がない。  あっても金額情報がない。  膨大な資産を保有している自治体ですが、その全貌が把握できているかというと、必ずしもそんなことはありませんでした。      隣の家がベンツを購入。でも、一方でローンを組んでいるかもしれない。  そのローン側は自治体会計でも見ていたけれど、資産側に焦点をあて、負債と資産のバランスがどうな…続きを読む

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ