エアーズブログ

「三方よし」の精神で、「日本の会社を強くする」

船戸明の公会計改革「待ってくれ!」

学校とエアコン(2)

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。  先日、学校とエアコンの話を書きました(7月22日エントリーのこちら)。  昨日(8月18日)の日本経済新聞「春秋」で取り上げられたのは、エアコンの学校間格差の問題。皮肉がたっぷり効いた、面白い文章でした。  エアコンは、もはやぜいたく品ではない。  暑さに耐える、といった精神論も聞かれるが、学校は修行の場ではない。  そんな話をした後、最後をこう結んでいます。 「大人より体力が劣る子どもたちだけに我慢を強いるのは心が痛むから、こうした自治体では役所や議会でも冷房を使っていないことと拝察する。ご自愛いただき、取り組みを進めてほしい…続きを読む

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ

近所付き合い

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。  昨日は地元の町内会で地蔵盆。  年に1度の集まりで、決めておかなければならないこと、議論しなければならないことも話し合われる、割と真面目な場です(ビール飲みながらですけど)。一種の総会でしょうか。  やはり今年の状況から、話題の中心は、「災害時にどうするか」。  地震、台風、大雨・・・  1人暮らしの方もいる中、近所で声を掛け合うことが大事という認識で一致。ただ、ある方が曰く、「普段の挨拶や声掛けなく、災害時のみ何かしようと思ってもできないだろう」。  その通りだと思います。  別の方は言いました。「いくらみんなで助け合うと言っ…続きを読む

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ

現場の踏ん張り

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。  自治体で、現場の方々の話を聞く機会がよくあります。  当たり前ですが、皆さん必死。世間的には何かといえば「公務員が…」と言われがちですが、自身の仕事に真面目に向き合っている方が大半です。  そんな現場の方の思いを踏みにじる発言が、また大阪市でありました。 「大阪市の吉村洋文市長は2日、来年度以降の全国学力調査の結果を、校長や教員の人事評価とボーナスの額に反映させる意向を明らかにした。具体的な仕組みは今後、市教育委員会と協議するという」(2日、朝日新聞デジタル)。  学力テストは毎年実施され、昨年から政令指定都市毎の結果が公表され…続きを読む

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ

続く災害

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。  ここ2か月、災害が続いています。  地震。  台風。  大雨。  熱波。  台風。  ・・・  昨晩など、あまりの暴風雨に家が揺れ、1度目が覚めると、そこから寝つけませんでした。今は穏やかに鳥の鳴き声が聞こえ、たまに強い風が吹きつける程度です。      災害時、対応を迫られるのが自治体。先日の大雨の際には、災害対応のため予定していた業務が延期になりました。  水道。  消防。  避難所。  今も一部の地域に避難勧告が出ていますが、自治体では慌ただしい対応が続いているものと想像します。      こうした活動の結果が積み上げられ…続きを読む

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ

学校とエアコン

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。  京都市で、7日連続38度超え。  そんなニュースもありましたが、連日、とんでもない暑さが続いています。  1日が始まり、家族がそれぞれ出かけ、夕方また帰ってくる。とにかく無事帰ってきただけで「よかった」と思える。そんな酷暑です。      こんな夏ですから、エアコンもフル稼働。そういえば小中学校でのエアコン設置率が話題になっています。  たとえば千葉県。 「県内各地で連日猛暑日や真夏日を記録する中、千葉県の公立小中学校の普通教室のエアコン設置率は全国平均(49・6%)より低く、関東1都6県の中で最も低くなっている」(21日、毎日…続きを読む

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ

祭りの季節

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。  京都では祇園祭が始まりました。  電車で浴衣姿を見かけますので、きっと祭りに出かけていらっしゃるのでしょう。  大阪でも、もうすぐ天神祭が開催されます。  都市の祭りは、夏。  地方の祭りは、秋。  そう聞いたことがあります。  都市は、消費する場所であり、疫病を防ぐため。  地方は、生産する場所であり、収穫を祝うため。  確か、そんな話だったような。  で、祭りにはほとんど出かけません。少なくとも祇園祭は、暑いのと、人が多いのとで、とても出かける気が起きません。  祭りに行かない。  御堂筋線に乗らない。  とにかく人混みを可…続きを読む

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ

水道法の改正

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。  災害。  オウム。  その影に隠れてまったくといっていいほど報じられていませんが、現在、国会では水道法の改正法案が審議中。実際、7月5日には衆議院を通過しました。 「表向きは「水道管の老朽化対策」を掲げているが、その実、中身は地方自治体の水道事業の運営権を民間企業が獲得する「コンセッション方式」を推進する内容となっており、本音は水道事業の民営化だと言われている」(6日、ハーバービジネスオンライン)。  民営化する。  資産をスリム化する。  民間に任せることで効率化する。  一見、もっともらしいのですが、ことは「水」です。しかも…続きを読む

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ

大学の統合

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。  6月23日の日本経済新聞に、「北海道3大学、統合へスピード合意」という記事が掲載されていました。  現行の1法人1大学制度からアンブレラ方式(1法人傘下に複数大学)による再編が進んでいるとのことで、その一環として帯広畜産大、小樽商科大、北見工業大の3大学が統合されるのだとか。 「発表によると、2022年4月に国立大学法人「北海道連合大学機構(仮称)」を帯広市に創設し、3大学がその傘下に入る。管理部門やシステムの集約などで効率化を進める一方で、各大学はそのまま存続し、教育研究体制は現状を維持、教職員は削減しない」。  この記事には…続きを読む

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ

大きくするか、小さくするか

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。  6月20日の日本経済新聞「私見卓見」に中央大学名誉教授の佐々木信夫さんが寄稿されていました。 「「廃県置州」で日本に活力を」と題した文章で、こうおっしゃっています。 「明治の「廃藩置県」が人口拡大期に備えた政治革命だったとすれば、未曾有の人口縮小期に備えた政治革命は「廃県置州」だ。日本全体を10程度の広域圏からなる州とし、それぞれが内政の拠点となるよう大胆に分権化する。予算の無駄は省かれ、地方分散も進む。今の政令指定都市や中核市をもとに地域発の目線で広域行政を再構築すべきだ」。  冷たいなあ。  一読したときの第一印象です。当た…続きを読む

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ

阿波おどりの赤字

こんにちは、大阪発公会計ブログ担当の船戸明(公認会計士)です。  6月4日の日本経済新聞に「徳島阿波おどり、市主導で存続」という記事が掲載されていました。 「徳島市の阿波おどりは県内外から120万人以上を集め、全国各地の踊り子が「聖地」と呼ぶ特別な祭りだが、今夏は開催が一時危ぶまれた。原因は主催を続けてきた市観光協会と、運営を問題視した市との激しい対立だ」。  市は、長年補助金を出してきたようですが、市観光協会は4億円を超す累積赤字。2016年の市長選で当選した遠藤彰良市長が調査に乗り出したそうです。  その後、市による協会の破産申し立て、徳島地裁の破産手続き開始決定、協会の高松高裁への即時抗…続きを読む

カテゴリー:船戸明の公会計改革「待ってくれ!」, 公会計あれこれ